門司区の商店の活気がなくなる理由

門司区の小売店が消えている!大里地区も、門司港地区も同じですが。

小売りのお店がないところは活気がありません。人口減少も一つありますが、スーパーマーケットの多いところもそうなるようです。

商店が減っていくのは、売上が少ないというのもありますが、商店主が高齢になり跡を継ぐ人がいないところは、まだ仕方のないことですが、もっと悪いのが、建物の持ち主が、出ていくように言うところです、元の地主と世代がかわっています。土地を売った方がお金になるという考え。

テナント募集とだしているところは、お店の売り上げが少ない為でしょう。

下の写真の山手側にあった「ひよこ」のお店が、1月31日で閉店しています。売り上げが少なかったのではなくて、建物の持ち主に、出てくれと言われたそうです。

土曜日でこの活気のなさ、日曜日はお休みの店が多いです。看板はそのままですでに店のないところが多いです。

広島風お好み焼き「安芸」は、ありません。門司港にお店を移転したところもあります。

門司区は、どこまで衰退するのでしょう。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

北九州市門司区高田街並み2023

北九州市門司区大里の高田街並みです。2020年11月に撮影をしていますが、変わっているのは、「おひるねラッコ」が解体されて、またマンションができるようです。最初、ボイラー故障と張り紙していたのですが、コロナで利用客も少なかったのでしょうね。

高田2023

桜咲いています、大里公園遅すぎたと思ったのが、早すぎたようです。

おひるねラッコ跡地です、14階建てのマンションと書いていたようです。

今回携帯で撮影をしたために、殆ど見えていない状態で撮影をしています、液晶画面が見えなくて”(-“”-)”大きく変わっているのが「おひるねラッコ」の跡地なので携帯で4月1日に撮影をしていた、高田を撮影するつもりはなかったのですが、あとはビデオカメラで撮影と思ったのですが、ちょっとファイルの大きさが違います。仕方なく携帯で、ちょろっと撮影はできると思い出た次第。体調不良でして・・・・・ふらふらしながら撮影・・・・

 

にほんブログ村